沖縄旅行が人気

国内ツアー.net

国内ツアー.net トップ > 沖縄

国内旅行なら、沖縄

国内旅行ランキングでつねにトップの人気を誇る沖縄。中でも沖縄本島は他の島への玄関口であることもあり、ダントツで訪れる観光者の数が多い島となっています。いわずと知れた沖縄の中心地である本島は、観光スポットも多岐に渡って充実している見所満載の島です。

沖縄の主要観光スポット

首里城公園と近辺の歴史的史跡

那覇の中心地からモノレールで約15分。那覇の街を見下ろす首里の高台にある首里城公園は沖縄を観光で訪れる人が必ずといっていいほど訪れる場所です。世界遺産に登録されている首里城正殿、園比屋武御嶽石門を中心に数多くの琉球時代の貴重な文化財がある国営の公園で、無料エリアと有料エリアとがあります。また周辺には玉陵や金城町石畳など国の重要文化財に登録されている箇所も多く、この近辺一帯がひとつの重要な文化財的エリアです。ぜひ時間をかけてゆっくりと散策してみましょう。琉球時代にタイムスリップしたかのような気分を味わえます。

国際通り

沖縄に行ったことのない人でも知っているのが国際通り。今や原宿の竹下通りと並ぶほど有名な通りとなっています。ゆいレールの県庁前から牧志駅までを結ぶ1.6kmほどの大通りで、道の両側にはお土産物屋やレストラン、ブティック、ファッションビルなどがずらりと並び、まさに那覇観光の中心地。観光スポットのひとつ牧志公設市場へも国際通りから平和通りを抜けて数分です。公設市場を過ぎて平和通りを先まで抜ければ、焼き物で有名な壷や通りへと続きます。ぶらぶらとお土産を物色しながらの町歩きにコースにぴったりです。

沖縄美ら海水族館

沖縄本島の観光スポットとして人気No.1なのが、沖縄美ら海水族館です。本部半島にある美ら海水族館まで、那覇からは車では約2.5時間~3時間。恩納のリゾートエリアからは1時間~1.5時間。巨大なジンベイザメやマンタが大水槽の中をゆうゆうと泳ぐ姿はまさにダイナミックの一言! 海の生き物たちの雄大さを実感できます。沖縄旅行の際に必ず足を運ぶというリピーターもいるほど。沖縄へ行ったなら絶対に一度は訪れて欲しいスポットです。小耳情報として、本部までのドライブ途中、コンビニなどで美ら海水族館の割引チケットが手に入ります。

おきなわワールド文化王国・玉泉洞

南部の南城市にある、沖縄の歴史・文化・自然が体験できる人気のテーマパークです。場内には玉泉洞という国内でも有数の規模を誇る30万年の年月をかけて作られた鍾乳洞があり、大きな見所のひとつとなっています。琉球時代を再現した赤瓦の沖縄古民家では、藍染めやミンサー織り、琉球ガラスなどの沖縄の伝統工芸の工房体験ができます。今や沖縄だけでなく全国的に人気な沖縄芸能であるエイサーショーは人気のアトラクション。毎日開催されていて無料で見ることができるので、エイサーを見たことがないという人はぜひ迫力満点のショーを楽しみましょう。

北谷町美浜アメリカンビレッジ

那覇から58号線を北上。車で約30分の位置にある北谷の美浜アメリカンビレッジはショップやレストラン、映画館などのエンターテインメント施設が集まるエンターテインメントスポット。地元の若者たちに人気です。その名のとおりアメリカンな気分満載のショッピングモールと58号線からも見える大きな観覧車が目印。施設の奥にはサンセットビーチというビーチもあるので、ショッピングの後はゆっくりとビーチでくつろぐのもいいでしょう。カラハーイという人気のライブハウスもあり、夜遅くまで楽しめるスポットです。

読谷やちむんの里

やちむんとは沖縄の言葉で焼き物のことをいいます。読谷やちむんの里は、読谷の緑ゆたかな地にいくつもの工房が集まり集落のようになっているところで、あの人間国宝金城次郎氏の工房をはじめ沖縄で活躍する陶芸家たちの工房があります。北窯と呼ばれる共同窯は若手作家たちが作品作りを行ってる窯で、普段使いができるやちむんとして人気があります。工房に併設されたギャラリーでそれぞれに個性溢れる各作家たちの作品を見たり、カフェでゆっくりとくつろいだりと焼き物を堪能できます。敷地内にある共同売店では作品を買い求めることができるので、自分用のお土産にぜひ。お気に入りの一品との出会いがあるかもしれませんよ。素朴な風合いが魅力のやちむん魅力にゆっくりと触れあることができるスポットなので、焼き物好きな人は足を伸ばしてみてはいかがでしょうか。

DFSギャラリア・沖縄

沖縄は国内でありながらDFSショッピングができるところ。ゆいレールのおもろまち駅にあるDFSギャラリア沖縄はラグジュアリーショッピングが楽しめる DFSストアです。駅のホームから直結。営業時間が朝9時から夜9時(金~日は10時)までと長いのもとても便利。シャネル、ディオール、プラダ、ティファニーなど一流ブランドのブティックがずらりと並び、化粧品やパフューム類も充実のラインナップ。国内にいながらにして免税ショッピングを楽しみたい人はぜひお出かけください。1Fの沖縄土産コーナーでは沖縄の様々な名産品が買えちゃうのでお土産ショッピングにもとっても便利です。

アウトレットモールあしびなー

空港から車で約10分という便利な距離にあるアウトレットモール。グッチ、コーチ、マークジェイコブズといった海外の人気ブランドをはじめとして、国内ブランドや雑貨など約70のショップが入ったアウトレットモールです。到着したらまずはモールに直行して、水着やサングラス、ビーチ用のワンピースなどを現地調達という手もありですね。また空港からモール間は無料のシャトルバルも運行されているので、旅の最後に買い物をしてそのまま空港へという使い方も。沖縄の特産品を売っているコーナーもあるので、おみやげショッピングでもできて一石二鳥です。

斎場御嶽

沖縄の史跡的観光スポットとして人気なのが、南部の知念にある斎場御嶽です。御嶽とは拝所のことで、沖縄の人々にとってとても大切な信仰の場であり、聖域として守られている場所です。この斎場御嶽は、沖縄の歴史を語る上で大変重要な役割を担っているもので、琉球王国最高の聖地として世界遺産にも登録されています。琉球の最高神女であった聞得大君(きこえおおきみ)の就任の儀式はこの斎場御嶽で執り行われました。また御嶽の中央からは、アマミキヨが降臨したという神話がある神の島久高島を望むことができます。実際、斎場御嶽の中に入っていくととても神聖な空気感に満たされていることを感じる人も多く、パワースポットとしても注目を集めています。南部観光の際にはぜひ立ち寄って欲しいスポットです。

ひめゆりの塔・ひめゆり平和祈念資料館

沖縄南部には数多くの戦争史跡がありますが、その中で最も有名な史跡といえるのがこのひめゆりの塔でしょう。沖縄戦末期、沖縄陸軍病院に看護要員として動員された学徒「ひめゆり学徒隊」が悲劇的な最後を迎えた跡地に立つ慰霊碑です。ひめゆりの塔はのちに石野径一郎氏によって小説化され、さらに映画化されたことで全国的に有名になりましたが、沖縄戦の過酷さ、無惨さを象徴するものとして今でも訪れる人が絶えません。併設の平和記念資料館は、ひめゆり学徒隊の生存者の手記や壕から発掘された遺品をはじめ、生存者が戦争の悲惨さを伝えるために残してくれた証言など、沖縄戦を知るための資料が充実しています。沖縄を訪れるなら一度は足を運んで欲しい場所です。