名古屋旅行が人気

国内ツアー.net

国内ツアー.net トップ > 名古屋

国内旅行なら、やっぱり名古屋

名古屋は人口約220万人と、東京主要区、横浜市、大阪市に次ぐ日本第4の都市。大都市でありながら土着の文化も色濃く残り、この地域特有の名古屋メシも、今流行りのご当地グルメの中でも特に注目されています。その一方で、戦国大名ゆかりの武家文化など、ディープな伝統文化も根づいています。ローカリズムを見直そうという気運が全国的に高まっている今、その時代の流れをリードする魅力あふれる街なのです。

名古屋のエリア紹介

名古屋駅・栄エリア

名古屋観光の起点となるのが名古屋駅。JR、新幹線、名鉄、近鉄、地下鉄、高速バスが乗り入れる総合駅なので、他エリアから訪れる場合は基本的にここからスタートとなります。大阪や神戸、横浜のように「新」がつく新幹線駅が離れた場所にあるのではないため、とても分かりやすいのが利点です。
北海道や東北、九州や沖縄など遠方からの場合は、主要アクセス法は飛行機。中部国際空港からは、名鉄で30分足らずで名古屋駅へ到着します。ただし、この場合、栄や名古屋南部、愛知県の南部などへ行く場合は、手前の「金山」「神宮前」で下車した方が、その後の移動がスムーズになります。

市内各所への移動は地下鉄が便利。5路線があり、ほぼ市内全域をカバーしています。何ヵ所か巡りたい場合は1日乗車券がお得。「地下鉄全線」、「バス全線」、「バス・地下鉄全線」、「ドニチエコきっぷ」のバリエーションがあります。名鉄も全線1日乗り放題の「まる乗り1DAYフリーきっぷ」があります。また、名古屋城や市内中心部にしぼって周る場合はなごや観光ルートバス メーグルは1日500円で乗り放題です。

特定のスポットやエリアが目的ではなく、とりあえず「名古屋に行ってみたい」という場合は、「名古屋駅」もしくは「栄」を目指す、これが名古屋観光の基本中の基本となります。
百貨店や大型商業施設が林立し、名古屋メシを食べられる飲食店にも事欠かないのがこの2大エリア。ミッドランドスクエアなど新しい超高層ビルがそびえ立ち、地下街が縦横無尽に通っているのが名古屋駅。路面の大型ショッピングビルが並び、名古屋のシンボル・テレビ塔を臨めるのが栄。手っ取り早く食事も買い物も楽しみたい、あるいは愛知県内の周辺エリアへ足を伸ばしたいのなら名古屋駅、大須などでのショッピングを主体とした街歩きを楽しむなら栄を起点にするのがよいでしょう。

名古屋城周辺

名古屋きっての名所、名古屋城。名古屋駅から直線距離にして2kmほどと近く、観光ルートバス メーグルを使えばアクセスも便利です。名古屋城から東へ1~2kmのエリア内には、「名古屋市政資料館」「文化のみち」「徳川園」といった歴史を感じられるスポットもあり、これらを合わせて周る場合も、バスが便利です。

大須

大須はパソコン電脳系とメイド喫茶などの秋葉系、ストリートファッション、古い下町の要素がごった煮となった商店街。「栄ミナミ」と呼ばれるエリアに位置し、栄から歩いて行けます。

その他のエリア

オフィス街だけに居酒屋も充実している伏見、繁華街の栄、ディープな飲み屋やライブハウスが見つかる今池、新進レストラン激戦区となっている池下、参道にレトロかつ個性的なショップが軒を連ねる覚王山(かくおうざん)、動植物園の最寄の東山公園が主な途中下車ポイントです。愛知万博記念公園=モリコロパークへは、藤が丘でリニモに乗り継いでアクセスできます。