軽井沢旅行が人気

国内ツアー.net

国内ツアー.net トップ > 軽井沢

国内旅行なら、軽井沢

軽井沢は長野県の東部、群馬県境に位置する、標高900~1000mにある高原リゾート。世界有数の活火山、浅間山の南東斜面に広がっており、そうした地形的な特徴から夏でも涼しく、明治期から避暑地として愛され続けてきました。

この辺りは、江戸時代には五街道のひとつ中山道の宿場町として栄えました。軽井沢(現在の旧軽井沢)、沓掛(現在の中軽井沢)、追分(現在の追分)の三宿は浅間根腰の三宿と呼ばれ、参勤交代の大名行列も通ったそうです。しかし江戸幕府の終焉に伴い、宿場町としての繁栄は徐々に衰退していきました。
その後、軽井沢に新たな1ページをもたらしたのは、明治19年(1886)の夏。カナダ出身の宣教師A.C.ショーがこの地を訪れ、故郷の気候に似ていることに魅せられ、明治21年(1888)に別荘を建て、在日欧米人に軽井沢を紹介したことから、避暑地としての新たな歴史が幕を開けました。

外国人の受け入れが必要になったため、旅籠であった亀屋は明治27年(1894)西洋式ホテルに改築され、のちに「万平ホテル」と名前を変えました。時をほぼ同じくして、「三笠ホテル」も誕生。ホテルにとどまらず、外国人の来訪によって、パンやジャムといった西洋の食文化も軽井沢に根づくこととなります。

昭和に入ると堀辰雄、室生犀星などが執筆の場として別荘を建て、徐々に日本人避暑客が増えていきました。第二次世界大戦の敗戦後はホテルが進駐軍に接収されたもののその後営業が再開され、天皇陛下(当時の皇太子殿下)と皇后陛下(旧名正田美智子さん)の軽井沢のテニスコートでの出会いや、ジョン・レノン一家の滞在などにより、避暑地や別荘地として人気が高まりました。

平成に入り軽井沢のイメージを大きく変える契機になったのは、大型ショッピングモール「軽井沢・プリンスショッピングプラザ」の登場、そして長野新幹線開通でしょう。それまで滞在型観光地のイメージが強かった軽井沢に、日帰り利用という選択肢が増えたのです。加えて電車アクセスが良くなったことから、軽井沢周辺を拠点に首都圏へ通勤する層も増えていきました。

軽井沢の主なエリアと交通手段

歴史的変遷や自然環境を背景に、現在の軽井沢は、大きく分けて下記の9つのエリアに分けることができます。

旧軽井沢

外国人宣教師の足跡を残す名所が点在

中軽井沢

手つかずの自然と温泉の宝庫

新軽井沢

軽井沢本通りと驪山通りから広がる新しいエリア

南軽井沢

ショッピングとアートをとことん楽しむ

北軽井沢

浅間山の噴火がもたらした景観に出合える

追分

追分宿の名残りの名所・旧跡を探訪

佐久

5つの宿場町を歩いて中山道の風情を感じる

小諸

島崎藤村ゆかりの城下町

軽井沢内の交通手段は、路線バス(草軽交通と西武高原バス)がメイン。ともに軽井沢と草津温泉を結びますが、ルートは異なります。その他、美術館めぐりに便利な軽井沢美術館・観光循環バス(西武高原バス、7月下旬~11月上旬運行)や軽井沢町内循環バス(西武高原バス、千曲バス)といった循環バスもあります。また、GWや夏休みなどのハイシーズンは、軽井沢駅と旧軽ロータリーを往復するシャトルバス(草軽交通)が運行するので、こちらを利用するのもいいでしょう。

軽井沢から旧軽井沢の入口までは、歩いて約20分程度。駅前から旧軽井沢にかけてはレンタサイクル店も点在するので、こちらを利用するのも便利です。特に旧軽井沢や南軽井沢エリアを巡るのに重宝するでしょう。雪の季節を除けば、自然の息吹を感じられるレンタサイクルは、軽井沢の魅力を満喫できる絶好の乗り物といえるでしょう。