伊豆・熱海旅行が人気

国内ツアー.net

国内ツアー.net トップ > 伊豆・熱海

国内旅行なら、伊豆・熱海

海あり、山あり、川ありの自然豊かな伊豆半島。一口に“伊豆”と言ってもエリアによってその特徴や楽しみ方も様々です。旬の味覚や四季を彩る花もバラエティに富み、祭りやイベントも盛んなので、季節を変えて訪れれば、また違った伊豆の魅力に出会えます。まずは伊豆半島を6つのエリアに分けて、その特徴をチェックしてみましょう。

伊豆・熱海のエリアを紹介

熱海

温泉街として千数百年という古い歴史を持つ熱海。文人たちにも愛され、その足跡が随所に残されています。文学巡り、歴史巡りの散策が楽しめ、その一方で新たな観光スポットも続々と登場しています。 また東洋のモナコと称される景観は夜景も美しく、ビーチには夏の海水浴や花火大会で多くの人が訪れています。東伊豆、南伊豆への玄関口でもあり、アクセスのしやすさは伊豆一番! 首都圏から一番近い離島「初島」へは熱海から高速船で25分です。

伊東・伊豆高原

伊東も古くから湯治客が訪れ、文人や芸術家に愛された街です。そのため、歴史ある建物や記念碑、オブジェを各所で目にすることができます。伊豆高原は個性豊かなミュージアムや洗練されたオーベルジュが集まる高原リゾート。犬と一緒に利用できる宿やレジャー施設も人気です。

東伊豆

オーシャンビューの湯宿が立ち並び、絶景の露天風呂も多いエリア。海の幸も新鮮で美味しく、キンメダイはこの地に来たら特に欠かせない食材のひとつです。河津桜をはじめとした花の名所も数多くあります。

中伊豆

壮大な自然に包まれたマイナスイオンたっぷりの山リゾートです。川端康成の『伊豆の踊子』の舞台としても知られている天城には、数々の名所が点在。源氏にまつわる旧跡も多く見られます。イノシシ、アユ、トロロ、ワサビなど新鮮な山&川の幸も豊富です。

南伊豆

一年中温暖で伊豆を代表する美しいビーチが点在し、熱帯植物も群生するリゾートエリア。イルカと触れ合うことのできる海中水族館も人気です。キンメダイや伊勢エビなど、新鮮な海の幸も豊富。下田の街は開国の歴史やペリー、ハリス、などにまつわる史跡や資料が多数残されているので、歴史散策が楽しい街でもあります。

西伊豆

富士山と駿河湾を同時に見渡せるスポットや、夕日の絶景ポイントが点在。また堂ヶ島の洞窟めぐりも有名で、マリンアクティビティも充実しています。観光地の伊豆にあって、比較的手付かずの自然が残るエリア。食材では戸田のタカアシガニは見逃せません。

伊豆・熱海の魅力

「温泉天国」と称される伊豆半島はまさに名湯の宝庫。エリアや源泉によって泉質の違う温泉が半島の各所で楽しめます。無料~ワンコイン(500円)で利用できる立ち寄り温泉施設や、食事処に温泉(足湯など)があって食事利用者なら無料で温泉も利用できる、なんてお店も少なくありません。観光の途中に気軽に利用できる無料の足湯スポットも要チェック。絶景の湯が多いのも、海あり山あり川ありの伊豆ならではです。

海あり、山あり、川ありの伊豆では、旬の食材も抱負です。海の幸ではキンメダイ、伊勢エビ、タカアシガニ、アジ、キビナゴ、ズガニ、深海魚などが多く使われ、海沿いの食事処や宿では獲りたての新鮮な食材を刺身などでいただけます。
山ではイノシシ、アユ、キジなどの他、天城山系の湧き水を飲水にして育つ熱川ポークや低脂肪なのに旨味のある伊豆牛などを求めてやってくる観光客も多く、また野菜や果物の栽培、味覚狩りも盛んです。イチゴ、メロン、スイカ、アロエなどを素材としたスイーツも種類が豊富。独特な爽やかな風味がデザートとしてもピッタリのニューサマーオレンジや、静岡生まれの大粒のイチゴ「章姫(あきひめ)」もおすすめです。

伊豆は海、山、川などロケーションによって遊び方も様々です。海では海水浴をはじめ、ダイビングやシーカヤックなどのマリンスポーツが楽しめ、山では味覚狩りやゴルフ、パラグライダー、オフロードなどを体験できます。また、同じオーシャンビューでも、海岸沿いと高台からの眺めは違い、海岸も向きによってその景色も様々。西伊豆では美しい夕日や富士山を眺めながら入る絶景風呂も点在しています。

2008年3月に設立された「伊豆ファンクラブ」は、伊豆が好きな方なら誰でも入会でき、入会金、年会費どは一切無料。申し込むと会員証がもらえ、ファンクラブの協賛施設で提示すれば会員限定の特典(料金割引やデザートや飲み物のサービスなど)が受けられます。